Visual Studio Community 2017をインストールする

説明の記事を書くにあたって、せっかくなので新しくリリースされたVisual Studio Community 2017をインストールしていこうと思います。

そんなに難しいことはありませんが、役に立つこともあるかもしれませんのでできるだけ丁寧に、かつざっくりと説明していきたいと思います。(要するに普通)

手順

まずは以下のマイクロソフトの公式サイトからインストールファイルをダウンロードします。
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
別に上記のリンクからダウンロードしてもいいのですが、セキュリティ的にはGoogleなどから自分で検索して公式サイトを探すのがいいと思います。

Community版のライセンスも個人で使う分には全く問題はないですね。いい時代になりました。

引用:https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

下のほうに行くとダウンロードページへのリンクがあるので、それをクリックます。

ダウンロードページに行くと、一番左のCommunity版をダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルを実行します。

「続行」を押します。

僕が使うのはC++のみなので「C++によるデスクトップ開発」にのみチェックを入れてますが、この辺は自分の用途に合わせてチェックをしていってください。

選んだらインストールをクリック。


そして待ちます。

 

まちます。。。

 

。。。

 

長ーい!!!
でもまぁ、待つのもディズニーランドとかよりもよっぽど楽ですね。
(USJしか行ったことないですけど)

あまりに遅いと思ったら、Wi-Fiが切断されてた。。。
でも、さすがマイクロソフトが作ってるだけあってWi-Fiを回復させてそのまま待機してたら無事終了しました。

終わったら起動をクリック。

サインインします。アカウントがない場合はアインアップします。
(別に後でも問題ないと思います。その場合は後で行うをクリック)

はい、これで完了です。
見た目的にはほとんどVisual Studio 2015と変わらないですね。

あわせて読みたい